photo

 今年もいよいよエンディングになりました。

 18日に紀尾井小ホールにて今年最後の“リーディング”ステージを終えることができました。休憩を含め2時間半近いステージを昼夜2回・・・少々キツカッタ事は確かでした。しかし、12月のクリスマス前にも関わらず、たくさんの方々においで戴き、楽しんでいただけた事、ほっとしております。何事もなく終える事ができましたのも、携わって戴いた関係者の方々のお陰です。全てに感謝です。
 反省点は多々あり、後日企画を立ててくださった「あっちぇる」のスタッフと共に反省会を開きました。「正解」のない世界ですが、完成度をいかに高めていくか・・・更なる精進です。
 おいで戴きました皆様、改めて有難うございました。来年もまたどうぞよろしくお願い致します。

 日本の今の現状の中で、小さな事でも自分が必要とされている事に感謝し、その道で精進しなくてはいけないと強く思いました。いつでしたか、武豊騎手のドキュメント番組に遭遇しました。彼はその中で言っていました。
「どんな小さな、どんな目立たない競馬場であっても望まれたらば必ずそこで競技に出場する。その一つ、一つの積み重ねが自分を高めていく源です」
 心を打たれました。同じなのだ・・・と。
 もともと天才などそう存在するものではありません。血の出るような努力と、外からは見えない心の葛藤の中でプロは頂点に達していくのだと再確認しました。王監督も、イチローも、そしてフィギュアの浅田真央ちゃんに至るまで、皆、日々自分との戦いなのです。

 紀尾井公演の直前、昔お世話になった深町監督がメガホンを取ったWOWOWのTVドラマに参加させて戴きました。
 久しぶりに、本物のモノ創りの現場に遭遇したようで、幸せでした。大きな仕事にも、小さな仕事にもコツコツと向き合ってきました。
 気が付けば、来年は『年女』!! 12歳×?(笑)。実は自分でもびっくりしていますが・・・「スタートに戻るのよ! きっと善い事が待っている!」そう自分に信じ込ませ、歩いてみようと思います。
 3月の明治座、8月の御園座(名古屋)公演も控えています。試される場が待っています。体力、気力です。

 今年もたくさんの応援、励ましのお言葉有難うございました。ブログも、もう少し頑張ります。来年もどうぞよろしくお願い致します。
 皆様にとって、必ず、必ずよい2009年でありますように!

 どんなに小さき命でも、この地球という宇宙船に乗り合わせた生命が少しでも幸せに近づける事・・・祈りたいと思います。

 

2008年12月30日 Terumi Niki

●バックナンバーも読みたい方はこちらから……